新型TOYOTA ハイラックスが熱い!

CAR and BIKE

2017年9月12日に13年ぶりとなる、トヨタ ハイラックスが日本市場に復活しました!

 

日本でトラックといえば軽トラックや運輸会社の大きなトラックを指しますよね!

 

しかし、かつての日本でもピックアップトラックは大変人気があり

日産や三菱などの日本メーカーが次々とピックアップトラックを発売していました。

 

その代表格だったのがハイラックスです!

 

懐かしいなぁと思う人もいるかもしれませんね!

 

僕もピックアップトラックが大好きで、ハイラックスの逆輸入車に乗っていた時期があり、荷台にボードやウェットなどを載せて海に行ってました。

 

海外にサーフィンへ行ったことのある人は、必ずと言っていいほど、海にピックアップトラックが止めてあるのを見た事があると思います。

 

 

サーファーのライフスタイルにピックアップトラックはバッチリハマっていると思うので、車の買い替えを検討している人は、新型ハイラックスを視野に入れてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 ハイラックスのスペック

 

まずこちらがトヨタ公式のトヨタ ハイラックスへのリンクです。

 

まずは外観から

全長 5,335mm

車幅 1,855mm

車高1,800mm

荷室長さ 1,520mm

荷室高さ 480mm

荷室幅最大1,565mm

開口幅 1,380mm

こちらが外観の大きさのデータです。

日本の国産車の中ではトップクラスの大きさで、大迫力の1ナンバーサイズであり、ショートボードなら斜めに積めば荷室に十分納めれる大きさです!

 

ボディカラーは

パールホワイト

クリムゾンスパークレッドメタリック

シルバーメタリック

ネビュラブルーメタリック

アティチュードブラックマイカ

の全5色のボディカラーを展開。

 

色によって印象も大きく変わるので、選択肢が多いのは嬉しいですね!

燃費は11.8km

エンジンは直4 2.4L のディーゼルエンジン

可変ノズル式ターボチャージャーや空冷式インタークーラー

コモンレール式燃料噴射システムなどを搭載した

パワフルなクリーンディーゼルエンジンで、

低速域から高速域までスムーズな加速を実現した上に、リッター11.8kmの燃費、

おまけにディーゼルなので燃料代も抑えれる優れた仕様となっています。

 

カタログスペックで燃費が11.8km/Lなので、街乗りで10km/L前後ぐらいになるのではないでしょうか。

駆動方式はパートタイム4WD

パートタイム4WDとは、2輪駆動と4輪駆動を使い分けることが出来るシステムで、

普段の生活で走行する様な舗装道路などでは2輪駆動、悪路や滑りやすい道路では4輪駆動と、用途に応じて使い分ける事が出来ます。

 

ハイラックスの場合は2H、4H、4Lと3つのパターンがあり、2Hでは2輪駆動、4Hでは4輪駆動で、

主に坂道や滑りやすい路面で使用、4Lも4輪駆動で砂浜や悪路走行などで使用します。

 

4hと4Lの違いとして、簡単に説明すると

 

4Hは2輪駆動では少し不安な状況で、砂地や未舗装の悪路で使用

 

4Lは泥地や急勾配の坂道など、スピードよりもトルクが欲しい場面で使用するイメージです。

 

 

サーフィンに行けば、駐車場が整備されていないポイントもありますから、4WDだと、心配無用で出かけれますね!

 

 

トヨタの公式ページにもありますが、4輪駆動モードでの舗装道路や高速道路などの走行は、駆動系部品を破損させる可能性があるので、

 

スピードを出す場面や必要のない時は、2輪駆動モードで走行する様にしましょう。

Zグレードにはデフロックが標準装備されている

ハイラックスには、ZとXの2つのグレードが用意されており、上位グレードのZには、なんとリアデフロックが標準装備されているんです。

 

デフロックとは、デファレンシャルギアと呼ばれる差動装置をロックする事です。

デファレンシャルギアってなんやねん

 

って人はこちらをどうぞ!

 

例えば、カーブを曲がったり、駐車場に車を止める時にハンドルを切って左右に曲がりながら進みますよね?

 

その時に左右のタイヤ、内輪と外輪で回転数に差が出るのですが、

 

この装置でその回転差のある左右のタイヤに、それぞれトルクを振り分ける装置です。

 

もっと簡単に言えば(最初からそう言え)、駆動輪の肩輪が溝などに落ちてしまった場合

 

落ちてしまった方のタイヤが空回りしてしまって、地面に付いている方のタイヤが動かない!

って事になるんですよ。

 

それはデファレンシャルギアがエンジンの力を分配して伝えているから起こる現象なんですが、これをロックすることによって

 

デファレンシャルギアの機能を無視して、左右のタイヤが直結された様に動きます!

 

なので、砂浜などでスタックしてしまった時や溝に肩輪を落としてしまった時に

デフロックのスイッチをポンッと押すだけで、

 

いとも簡単に脱出することが出来る様になります!!

 

 

この機能は、砂浜や未舗装の場所に車を止めたりするサーファーや、河原などでキャンプをしたりするキャンパーにとっては、有難い機能ですね!

 

 

最新鋭の安全装置

ハイラックスの安全装置は、さすが世界のトヨタ、めちゃくちゃ充実した装備になっております!

 

定番のバックカメラやABS、エアバッグはもちろん

 

各メーカーの新型車に続々と装備されている

 

自動ブレーキシステム

車線からはみ出した時に警告してくれる

車線はみ出しアラート

シフト操作時の急発進を抑制して被害を軽減する

ドライブスタートコントロール

など、最新鋭の安全装置が搭載されていて

その他にも夜間の視界を確保するLEDヘッドランプやLEDフォグランプなど高級車の様な豪華装備です!

 

少しでも事故の被害を軽減してくれる安全装置は、我が身を守るものですから、車選びにおいて重視したいポイントですね!

価格は326万7千円から

グレードや取り付けるオプションなどによって、価格は変わってきますが、車両価格は

Xグレードなら326万7千円から

Zグレードなら374万2200円から

となっており、ハイエースなどとほぼ同価格で購入出来る設定となっております。

アルファードやヴェルファイアはハイラックスよりも100万以上高いので

僕たち一般市民でも、十分手が出せる価格ではないでしょうか?

 

新型ハイラックスに乗ってサーフィンに出かけて注目されたいですね!