居候のサーフィン修行 Day1

SURF

すっかり秋になってしまった10月ですが、四国の右下はまだまだサーフシーズンです!

 

先日から我が家にサーフィンを覚えるために居候している旅人「こやん」を連れてサーフィンに行って来ました。

 

5:30起きで生見海岸へ
前日の夜は早めに晩酌を切り上げて22時過ぎに就寝し、いざ本日早朝より生見海岸に向けて出発!
生見海岸はココ↓
 

 

四国のメジャービーチで徳島県と高知県の県境の街にあります。

 

徳島からのサーファーやローカルサーファー以外にも、関西から多くのサーファーが訪れるポイントで、夏季は大勢の人で賑わっています。

 

僕の家から一時間半ほど車を走らせて、生見へ到着したのが7時過ぎ。

 

さっそく駐車場へ車を止めて、波チェックへと向かいます。

 

この日は東ウネリが入っていて、生見なら波があるはず!

紀伊半島のブロックを考慮してもコシ〜ハラぐらいはありそう!ってゆー僕の予想は、、、

 

 

ハラ〜ムネぐらいある!!

 

いい感じです。

 

初心者にはちょっとハードなコンディションですが、人も少ないのでスープで練習してもらいましょう!

 

ひたすらスープで立つ練習をする

 

スープとは、波がブレイクした後の白い波のことです。先日サーフィンスクールで学んだ事を今度は己の力量だけでやってもらいましょう!

 

僕はスパルタなので、

「ここらへんでれんしゅうしーやー」

 

と言う的確なアドバイスだけ残して後はほったらかしです(笑)

 

とは言っても、流されると危険なので何かあれば助けに行ける距離でサーフィンしてました!

 

波のサイズがあるので、30分練習しては休憩の繰り返しで彼は頑張っていました!(笑)

 

サーフボードも6‘4なので、スポンジボードよりも遥かに浮力がなく、短いので

 

「波待ちで座られへん!うわぁぁ〜」ドボンッ!

って感じでひっくり返りまくってました!(笑)

 

生見の洗礼を受けたね〜

しかしそれは誰もが通る道なのよ〜。頑張れこやん!!

 

最初から手取り足取り教えてもらいながらサーフィンするよりも、まずは自分であれこれ考えながらサーフィンする方が成長の質が違う気がする(するだけ)ので、自分で上手い人や動画をみてあれこれ意識して頑張ってもらいたいです!

 

 

たまたまお世話になっているショップのオーナーさんが同じポイントでスクールをしていたので、ちょくちょくアドバイスを頂きながらお昼までガッツリサーフィン修行していただきました!

 

サーフィン後の僕とこやん↓

 

なかなかいい写真で気に入ってます!

 

 

サーフィンの後はガッツリ定食屋でご飯

 

 

たっぷりと4時間サーフィンした後は、四国の右下グルメに向かいます!

四国の右下は海と山が両立している町なので、食材が新鮮でどこも美味しいんです!

 

カツオのタタキ定食や海鮮丼が1000円で食べれるお店

800円で定食の種類が10種以上あって、ご飯大盛りやおかわり無料の店

500円で食べれるワンコイン定食屋なんかもあります!

 

今日は800円で定食が食べれるお店に向かいました。

 

このボリュームで800円ですwww

 

ちなみにこれは牛カルビ定食です!

 

場所はコチラ!

 

お腹いっぱいになったところで、睡魔と格闘しながら無事帰路へとつきました!