キャンプやサーフィンで活躍する収納術

SURF

車でサーフィンに行く時、サーフィンと同時に車中泊やキャンプを楽しむ人が大勢いるんじゃないでしょうか?

 

大人数で乗り合わせたり、キャンプをするとなると当然荷物が増えて道中が狭く感じる事があるますよね!

 

車のスペースをフル活用出来るアウトドア好きの為の車内収納術を発信します!

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

トランクルームをフル活用

サーフィンする人の車の中は色んな収納術が詰まっていますよね!

 

ハイエースやキャラバンなどのワンボックスカー

エクストレイルやランドクルーザーなどのSUV等に乗っている人が多い印象です

 

サーファーやキャンパーに一番オススメなのは、やっぱり

 

ワンボックスカーです!

 

荷物も大量に載せれますしスペースも広く、マジで最強の車です!

 

ハイエースやキャラバンに乗っているほとんどのサーファーはトランクルームにベッドキットを組んでいます。

 

皆さん一度は必ず目にした事があると思います。

↑こんな感じ

中には自作で作る人もいるぐらい人気のある定番カスタム!

 

ベッドの下にサーフボードやウォーターボックスなど荷物をガンガン載せれる上に、ベッドスペースも確保できる最強レイアウトです!

 

車のルーフにルーフキャリアやルームラックを付ければ大きいロングボードやキャンプ道具もルームに載せれますし、

荷物が多いサーファーやキャンパーにとってこれ以上ないぐらいピッタリな車です!

ワンボックスに乗ってねーよ!

ハイエースやエブリィなどのワンボックスカーに乗ってねーよ!って人もたくさんいます!

 

僕もステーションワゴンタイプの車に乗っていますが、SUVやステーションワゴンの車でも出来る収納術ってあるんです!

 

これも定番カスタムなので、やってる人も多いと思いますが

車内の手すりにベルトや突っ張り棒を引っ掛けて車内上にボードを載せる方法。

 

普段何もない天井空間を使えば、トランクルームもフルに使えますし、人も定員いっぱい乗る事が出来ます!

 

値段も2千円あれば十分買う事が出来る上、ホームセンターなんかでも買う事が出来ますので、まだ持っていない人は試して見てはどうでしょうか!

 

サーフィンの他にキャンプをされる方なんかには、ツールボックスを使って道具を小分けに収納すると効率よくトランクを使えるのでおススメです

天井の低い車は?

上記のような天井収納が出来ないセダンや軽自動車に乗っている人もいるでしょう。

 

一人でサーフィンに行くなら、ショートボードの場合、助手席を倒せば2枚ぐらいなら載せて行けるでしょう。

 

しかしロングボーダーや複数人で出掛ける人にオススメなのは、ルーフキャリアなどを付けてルーフにサーフボードやキャンプ道具を載せてしまう方法。

この方法の最大のメリットは、車内がいつもの様に使える事です。

 

しかし、車外にくくり付けるので、しっかりと留めてなかったら荷物やサーフボードが落ちたり、サーフボードが風圧で折れるかもしれないといったデメリットがあります。

 

荷造りベルトやネットを使ってしっかりと固定していれば心配はないと思いますが、高速道路や強風の時なんかは注意して運転して下さい。

 

サーフボードをルーフに載せる場合はデッキ面を車側にして、フィン側が上に向く様に載せましょう!

 

サーフボードってノーズが反っていますよね?サーフボードが上に向いて反った状態で載せて走ると、モロに風の抵抗を受けて折れたり、ぶっ飛んだりします!

 

 

ボードのみルーフに載せる人で、車にキャリアやレールを付けたくない!って人にオススメなのがこちら!

“エフシーエス(FCS) ソフトキャリアルーフラックダブルカムロック SOFT CARRIER DOUBLE COM LOCK”【サーフボード1から6本用】送料無料 カー用品 自動車 CAR

価格:5,270円
(2018/1/25 22:36時点)
感想(0件)

簡易的にルーフラックを付けれて、取り外しも非常に楽チンな優れものです!レンタカーで行く人や、サーフィンに行く時意外は外しておきたい、ルーフラックやキャリアは高くてもったいないって人には大変オススメです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

車でサーフィンやキャンプに行かれる方は是非参考にしてください!

サーファーにオススメの車特集記事(2018年最新版)もありますので、こちらからどうぞ!

 

 

スポンサーリンク