【激アツ!解説動画付き】ワークマンの防水グローブが格安でサーフィン、ツーリングでも使えてしまう件!

SURF

 

どーもOkayanです!

 

先日フラッとワークマンに行ったら、今密かに話題になってる噂のサーフィンに使えるグローブを発見したので買ってみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

激安でサーフグローブが手に入るワークマン!

職人さん御用達のワークマン。最近ではオシャレな防寒着なんかもラインナップされてアウトドアをする方達にも人気ですよね!そんな中、僕もスノーブーツが欲しくてワークマンへ探しに行っていたのですが、ふと手袋コーナーを見るとサーフグローブらしきものが!!

サーフィン用のグローブって4千円ー5千円ぐらいするイメージですが、ワークマンならなんと2千円でお釣りが帰ってくる!

ちょうど先日いつも使ってるグローブが破れたのでお試しで今回はこちらを買ってみることにしました。

 

男性でも買うならSサイズがオススメ!

早速ワークマンから買ってきた手袋をレビューしてみました。

まずはサイズ感から。

店頭で試してきたサイズはS、M、Lの3種類。全サイズ試着しましたが、サーフィンで使用するならSサイズが一番良かったです!というのも、サーフィンをする時に少し大きかった場合、グローブ内でズレてテイクオフ時にバランスを崩しそうになると思ったからです。サーフィンに使わず、バイクでのツーリングや雪かきで使用するならMサイズやLサイズでもOKです。

厚みは4mmぐらいありそう!グリップ力も問題なし!

続いてグローブの厚みですが、恐らく4mmか5mmぐらいありそうで、結構分厚めですね!なので、日本海やその他海水温が低い地域でも問題なく使えそうな感じです!

手のひらの部分はブロック状になっており、グリップ力も問題なさそうですので、テイクオフ時に滑ったりすることはなさそう。

 

生地の伸縮性は良くないが、保温性能は抜群!!

最後に生地の伸び具合ですが、厚みがある分そこまで伸びないです。っていうか伸びないですね!動画の比較で使用しているサーフグローブは1mmか2mmぐらいなのですが、薄い分伸縮性は抜群で、グローブを付けている感覚はないぐらいです。ワークマンのグローブは伸縮性はないものの、保温性能は比較した物に比べると格段にいいですので、伸縮性能よりも保温性重視したい人にはめちゃくちゃオススメです!!

 

よりリアルにお伝えできるようにレビュー動画を撮ってみました!動画の方が分かりやすいですし、伸び具合もどれだけ違うか良くわかるかと思いますので、ぜひチェックしてみて下さいね!

お住まいの地域にワークマンがない!という方に、Amazonや楽天などのネット通販で買えますので、リンクを貼っておきますね!もし興味がある方はぜひネットで購入してみて下さいね!