【初心者】サーフィンの道具メンテナンス

SURF

サーフボードやリーシュコード、ウェットスーツなどちゃんと手入れしてますか?

 

サーフボードばかりに気にしがちですが、リーシュコードやウェットスーツもしっかりメンテナンスしてあげましょう!



 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サーフィンした後は真水でしっかり塩分を洗い流そう

 

サーフィンは当然海で行いますよね!海の水は当然海水なので塩分が含まれています。

 

その塩分を真水でしっかり落とさないとリーシュコードのジョイント部分やフィンを止めているネジなどの金属パーツがサビてしまい

 

リーシュが切れて流されるなどの大変な事になってしまします。

 

当然金属パーツはステンレスなどのサビには強い素材で出来ているので、ちょっとぐらいなら大丈夫でしょう。

 

しかし、ケアする事によって、より本来の性能を維持することが出来ます!

 

サーフボードはフィンを外して洗う

サーフボードを流す時に、面倒ですがフィンを外して洗うのがベストです!

 

フィンカップに噛み込んだ砂や塩分をしっかり洗う事によって、サーフボードの寿命が伸びます。

 

フィンを付けたままにしておくと

砂が噛み付いて外れなくなってしまう可能性があるので

毎回外すのも面倒だと思いますが、せめてワンシーズンに一回は外してしっかり洗いましょう!

リーシュコードもジョイント部分を中心にしっかり洗う

ポイントで周りのサーファーを見ていると、意外とリーシュコードを洗わない人が多い様に思います。

 

リーシュコードは波に飲まれても体とボードを繋ぐ命綱の役割をしています!

 

海や波は自然の賜物。

人間が自然の力に敵うはずありません。

リーシュコードが切れて波に飲まれてしまうと、死に直面する事になりかねません。

 

 

コケてしまったり飲まれたりした場合、リーシュコードがあればボードだけ飛んでいって、

 

周りのサーファーにケガをしさせるリスクも大きく下げる事が出来ます!

 

 

リーシュコードが切れる時は、大体ジョイント部分が壊れて切れます。

 

普段からサーフィン後にしっかり洗う様にしてメンテナンスをしていれば、そういった事故も未然に防ぐ事が出来るので

 

日頃からリーシュコードもチェックしておき、出来れば1年毎に交換しましょう!

 

サーフボードにキズや割れがないかチェック!

 

サーフボードは意外とデリケートなもので、ちょっとした事でキズやひび割れが出来てしまいます。

 

ひび割れやキズがあるまま海に入ってしまうと、そこから水を吸い込んで、サーフボードは変色したり剥離したりと、どんどん劣化していきます。

 

 

もしサーフィン中にひび割れやキズを見つけたら

海から上がってサーフボードを使わない様にするか

リペアテープやリペアボンドで応急処置をしてサーフィンをしましょう!

 

リペアテープとは、アルミテープの様な物で傷口を塞ぐ、サーフボードの絆創膏的なモノです!


サーフィン後はそのままにせず、リペアテープやボンドを剥がして最低でも2〜3日はしっかり水抜きをしてリペアしましょう!

 

 

リペアのやり方についてはこちらからどうぞ!

 

 

定期的にワックスを落とそう!

サーフボードのデッキ部分(表側)に滑り止めの役割で塗るワックス。

 

海に入る前にゴリゴリと塗っている時ってワクワクしますよね!

 

毎回上塗りしていくので、どんどん厚くなり、ゴツゴツして足の裏との接地面が少なり滑りやすくなったり

おまけに古くなると黄ばんだり黒ずんだりして、なにより見た目が悪いです!

 

ワックスは気温や水温によって使い分けをしないといけないので、定期的にワックスオフして季節にあった物を使ってあげましょう!

 

 

ウェットスーツは1回毎に必ず洗う!

 

サーフィンは夏のスポーツで、水着とサーフボードがあれば出来るイメージですが

実はウェットスーツを着てする時期の方が長いんです。

春、秋ならシーガルやスプリング

冬ならジャーフルや、セミドライ、ドライスーツなど

季節に応じて様々なタイプのウェットスーツがあります。

ウェットスーツはボードの次に高価なモノ。

出来るだけ長く使うにはウェットスーツを専用のシャンプーや柔軟剤でしっかり洗う事、干す時や保管時は日陰で風通しの良いところで保管することです!


便利アイテムの記事でも伝えましたが、保管や干す時は専用ハンガーを使って型崩れにも注意しておきましょう!

生地が硬くなってくると動きにくくなりますし、破れやすくなってきます。

しっかりメンテナンスしていれば3年は余裕で使えるので、財力に余裕のある人以外は使う度に洗いましょう!

 

 


いかかでしたか?

道具にもいろいろと手がかかりますが、その分愛着が湧いてきて、サーフィンやったろ!

みたいな気持ちが強くなると思います!

道具を大事にして、ガンガンステップアップしていきましょう!

パドリングについての記事もありますので、こちらからどうぞ!