【サーフィンWaxレビュー】超オススメWax3選!それぞれの特徴をまとめてみた

SURF

 

どーもOkayanです!

サーフィン用ワックスっていっぱいあって、どれが良いのか正直よく分かりませんよね。今回はたくさんあるサーフィン用のワックスのうち数種類だけですが、実際に使用してみたのでレビューしてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワックスは水温や季節毎に塗り替えなければいけない消耗品

まず、サーフィンをする上で一番使用頻度が高い消耗品と言えばワックスです。地域や水温によって使用するワックスを変える必要があります。

基本的には真夏の暑い時期(水温目安25℃以上)はtropical、春秋の比較的涼しい季節(水温目安17℃〜25℃)にはWarm、冬の初め頃や終わり頃(水温目安12℃〜20℃)にはCool、真冬(水温目安14℃以下)にはCOLDを使用します。

今回は夏用のワックス(tropical)を使用しました。

何種類も紹介されても結局どれがいいのよ!?ってなると思うので、僕が今まで使用していいなと感じた3種類だけを紹介します!

必ず必要なワックスですが、意外とこだわりを持たずに「いつも使ってるから」みたいな感じで選んでいませんか?ワックス変えてみたいけど滑ったら嫌だしなぁーと思っている方は是非参考にしてみてください!では早速紹介していきましょう。

 

高いけど、めちゃくちゃ長持ちする FU WAX

まずは僕が長年使い続けているFU WAX。

これはマジで最強のグリップ力を発揮してくれます。世界中のCT選手なんかも愛用しているほどのワックスですから、グリップ力は言うまでもなく最強です。お値段はというと、1個900円前後と他のワックスに比べて高いですが、ワックスを厚塗りする必要がないのでめちゃくちゃ長持ちします。

夏のハイシーズンなんかでも1個あれば十分1シーズン過ごせます。僕はハイシーズンは週2〜3回ぐらいサーフィンに行きますが、2個あれば夏を過ごせます。1個の値段は高いですが、頻繁にサーフィンに行くサーファーにとって、FU WAXは逆に経済的かもしれませんね!

created by Rinker
FU WAX(フーワックス)
¥990(2021/10/20 16:24:43時点 Amazon調べ-詳細)

メリット

  • 最高のグリップ力
  • 長く使える(サーフィンの頻度によっては1シーズンに1個でOK)
  • 厚塗りする必要がないので、落とす時も楽に落とせる

デメリット

  • 値段が高い(他のワックスの2〜3倍)

安いのにグリップ力が凄いSticky Bumps(スティッキーバンプス)

FU WAXの次に僕がよく使っていたWAXはスティッキーバンプス。

このワックスは後に紹介するSEX WAXよりもグリップ力が高いです。そのグリップ力はFU WAXと遜色ないぐらい凄いです。しかもお値段も1個300円と普通の価格ですので1度騙されたと思って買ってみてください!ちなみに東台湾にサーフトリップに行った時、現地のロコサーファーはみんなスティッキーバンプス使っていましたよ!

ただ、このワックスのデメリットは消耗スピードが早いことです。他のワックスに比べて柔らかい印象ですので、ワックスの減り具合が早い気がしました。と言ってもSEX WAXより少し減りが早いかな〜ってぐらいなので、普段SEX WAX使っている人は違和感ないかもしれませんね!

僕は冬なんかのあまりサーフィンに行かない時期にいつも使用していますが、今回tropicalを使用してみて、やっぱりグリップ力はFU WAX並みだなーと感じましたが、FU WAXに比べるとちょっと柔らかいなか?

メリット

  • グリップ力がある
  • 価格300円前後とお手軽

デメリット

  • 少し柔らかいかも?
  • 消耗スピードが早い

ど定番のSEX WAX

最後にサーフィンをやってる人なら一度は使った事があるであろうSEXWAX。

1970年代から発売されているロングセラーです!このワックスのいいところは誰でも簡単にワックスの粒々(ハンプス)が作れるところですよね!そして値段も300円前後とお手軽に買えるところも最高!ただ、先に紹介した2つに比べると若干グリップ力が落ちるかなーって印象です。

その昔、パパッと塗って頭サイズの波に挑んだ時にツルッと滑った事があるので、しっかり塗っておかないと滑ってしまうって印象があります。僕が適当に塗ったのが原因だとは思いますが(笑)

友人は、FU WAXとかだとグリップしすぎてテイクオフの時に膝が滑らずに引っかかるからSEX WAXが一番いい!と言ってずっと愛用しています。

硬さはFU WAXと同等ですがしっかりと塗り込まないといけないので、消耗スピードは早いです。

created by Rinker
セックスワックス(SEXWAX)
¥1,259(2021/10/20 14:51:37時点 Amazon調べ-詳細)

メリット

  • 粒々(ハンプス)が造りやすい
  • 価格も300円前後とお手軽
  • Sticky Bumpsよりは消耗スピードは遅い

デメリット

  • グリップ力がイマイチ
  • 消耗スピードが早い

最後に

結論から言うと、サーフジャンキーな人はFU WAXが一番オススメです!安くてグリップ力が欲しい人はSticky Bumps、グリップ力はそこそこで硬めがいいって人はSEXWAXですかね!

参考になった!と言う方は是非この記事をシェアしてくださいねー!